文化時評 | どこまで飛んだ風のたね
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
野田作品を佐賀で上演
 おはようございます。

珍しい舞台が今日からスタート!

20年くらい前はよく福岡まで芝居を上演しにやってきていましたが、最近ではめっきり。

東京では年に何本も上演されているのですが、外国に行くことはあっても、東京から出ることがほとんどなくなってしまった野田秀樹の作品。

本人の野田さんがやってくることはおろか、野田さんの作品にすらなかなかお目にかかれないのは、彼の舞台の芸術性の高さと、彼本人の演出こそが舞台の輝きになると言うのは、確かに認めざる終えない。

しかし、演劇ファン、野田ファンなら見てみたいもの。

例えそれが地方のアマチュア劇団のつたない舞台でも、その片鱗に触れてみたい・・・!?

そんな、野田秀樹さんの作品が佐賀で今日明日、そして9月4,5日と二作品がご覧になれます。

野田さんは80年代は劇団夢の遊眠社を引っ張り、90年代に入りNODAMAPを立ち上げ、現在も日本の、いや世界の演劇を今や引っ張っている演出家であり、役者です。

個人的には2001年に坂口安吾の「桜の森の満開の下」という作品を野田さんと蜷川幸雄氏が別々に創り、野田さんが賞を取られたというのが頭に残っています。

それだけ野田さんの舞台表現には定評があるのだ。

そんな野田作品を二作品、佐賀で観られるというのは珍しいと思っています。

上演する劇団は、これまた無謀とも言うべき十代のミュージカル劇団ティーンズミュージカルSAGAの有志から作られた劇団「激・劇」と中高年劇団SAGAパーフェクトシアターです。

演目は今日と明日(731日と81日)は野田さんがまだ学生だった頃に書かれた「二万七千光年の旅」を劇団「激・劇」が、945日は野田3部作と言われている一つ「小指の思い出」をSAGAパーフェクトシアターが上演します。

二つの劇団が野田秀樹の大作に挑戦しています。

公演本番までの悪戦苦闘ぶりをホームページのブログ(風さんネット http://kazenotane.sagafan.jp/)で毎日綴っていますので、応援しつつ、是非この珍しい取り組みに足を運んで下されば幸いです。

演劇家 栗原誠治

| 舞台創造研究所 スタジオ「風のたね」 | 08:52 | - | - |
Page: 1/1   
Material: さくらぽっぷ
Template: "scarlet" by nonnon
Log in