指示待ちがいけないと言うけど・・・ | どこまで飛んだ風のたね
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Entry: main  << >>
指示待ちがいけないと言うけど・・・
よく子ども達を指導する時、指示待ちになるなってよく言う。
私も言っていたような・・・
何かをしなさい!っていう前に自分で自ら動く。
確かに理想。

でも、詳しいデータなんて分からないけどほとんどの人が指示待ちなのではないだろうか?
自ら考えて動ける人なんてそういないような気がするし、もしそんな人がいっぱいいたら、わたし的にはおもしろ世の中になるだろうなぁと思うけど、今の社会ではかなりの壁に出会うのこと受け合いだ。

確かに成長のレベルに応じて自分で出来ることは多くなる。
自分でやってみたくなることも多くなるかも知れないが、それでも結局はだれかの意見や支持を待っているし、それがないと動こうとしない、動けない。

もしかすると動かない方がいいかもしれない。

そう、動けるものでもないのだ。

心のひだの部分、余裕の部分として、自ら動く者を受け入れて、極力指示してあげる。

そうすれば、逆に「うざい」なんて言う事になって、自分で動き出しそうな・・・

きっと、自ら動いている人の下で、また人も自ら動き出すのである。

自分が指示待ちの癖に、人に指示待ち族になるな!っていってもダメね。

いい感じで指示してあげた方が、指示する方も気持ちがいいものかも知れない。

指示される者の思いなんてなかなか分からないものでもあるし・・・

もし、指示しないでも動ける人が身の回り、自分の部下にいたら、その人は出会うべくして出会ったかけがえのない人かも知れない。

とりとめのない話でした。
 
| 舞台創造研究所 スタジオ「風のたね」 | 01:37 | - | - |
Material: さくらぽっぷ
Template: "scarlet" by nonnon
Log in